Search

SLOW WEDDING

アウトドアウェディングが叶える新しい結婚式のカタチ

2016.05.08 『旅する風たちの結婚式』


2016年5月8日(土)
会場:農園(神奈川)
ご人数:約120人
テーマ:村/旅/風
タイトル:『旅する風たちの結婚式

「私、風が好きなんですよ。」

何気なく口にした新婦Sさんのこの一言からすべてが始まりました。お二人が選ばれた会場は神奈川にあるとある農園でした。とても気持ちの良い風が通るそんな素敵な会場はお二人のキャラクターにもピッタリ。農業の経験もあり現在都内の居酒屋さん(個人的にかなりドストライクなお店◎)でシェフをされている新郎Iさんもこちらの農園長と意気投合し、この農園でのパーティーにワクワクが膨らむ。

その会場の立地からもイメージしたのは一つの集落、一つの村でした。そうお二人のように暖かく心地い風が集まり宿るそこは「風たちの村」。

それではそんな「風たちの村」のご紹介を。

入り口でゲストの皆をお出迎えするのはオリジナルの入村ゲート。奥へ進めば村の小さな音楽ステージ。当日はお二人のために多数のゲストが会場を盛り上げて様々な「風」を吹かせてくれました!さらに奥へ進めば今回の料理を出していただくレストラン(ここはもともと会場に常設されたカフェです)、その横には1日限りのミニシアターその名も「SAWA CINEMA」。(シアター内では映画関係のお仕事をされている新婦Sさんの学生時代の秘蔵自主製作映画を上映。)そしてそしてさらに村の奥にはこれまた1日限りの小さなケーキ屋さん。いろいろな種類のホールケーキからお好きなものを選んでね。そして村の一番奥にはお二人のこれまでをぎゅっと集めたフォトブースを製作。膨大な量の旅先の写真から幼少期の絵日記など思わずクスっとしてしまうものばかり。最後に丘を登りきったところにあるのは村の青空教会。オリジナルのティピに飾られているのはふたりの新たな門出を祝う特大の鈴!(新婦Iさんのお父様が鈴の問屋さんということでお借りしました)鈴の音と風の谷に集まった皆の笑い声が、また新しい風を作って、遠く遠くまでこだましている。

ユニークで前向きで、常に新しいことにどんどんチャレンジしていくIさんとSさん。近々都内を離れて新しい生活を計画しているとか。そんなお二人の野望は留まることを知らない。来年の今頃はどんな地でどんな風を吹かせているのかな?きっと答えは風の中にあるのでしょうね◎

いつまでもお幸せに!

© 2017 SLOW WEDDING . All Rights Reserved.